薬剤師に転職するときには応募書類が必要です

薬剤師転職の準備で必要なことは?

薬剤師転職の準備で必要なことは?応募書類に必要なポイント薬剤師転職してよかった!

普通の転職と変わりません。
薬剤師に転職するときには、言ってしまえば履歴書と一緒なのですが、応募書類が必要になっていて薬剤に関するどんな資格を所有しているのかや、過去にどこかの薬局やドラッグストアなどに勤めていた経験があるのかなどが、雇用側に確認されるようになっています。
僕も薬剤師として働き始めるときには提出しました。
別に審査が厳しいというわけではなく、普通の転職と一緒で仕事をする上で必須となっている資格を持っているのか、初心者なのか業務経験があるのかなどのチェックが行わる程度でした。
求人情報でどんな資格が必要なのかが記載されているはずですし、僕の場合は薬剤師専用の情報サイトの担当の人に教えてもらいましたが、必須の資格に関しては事前に知ることが簡単に可能です。
応募書類にはどんな資格を持っているのかを書くことと、嘘偽りを書かないことを徹底すれば、とりあえずは問題ないでしょう。
未経験でも資格を持っていれば転職しやすいのが薬剤師です。
僕の場合は医療とはまったく関係のない分野からの転職でしたが、別に文句を言われたりパワハラを受けるなどの問題はありませんでした。
今も普通に働いています。

採用担当者が応募者の適性をみるポイントは大きく分けて2つです。
業務遂行に必要な能力を持ち得るか、と組織の文化・価値観とフィットするか、です。
従って応募者はこれらを有しているかどうかをチェックし、有している(獲得できる)場合は、選考過程でそれを相手にわかってもらう必要があります。
pic.twitter.com/9FTs1eXEgp

— Yoko Gocho/旅するパラレルキャリア薬剤師 (@Yoko_Gocho) December 5, 2020